ネイルの基本的な事

ネイルチップを作ろう!

あわちゃんずさん!

こんにちは。

今日のブログは…ネイルチップを作ろう!
という内容でお届けいたしますね。

ネイルチップの作り方も
良く質問頂くのでまとめてみたよ。

ではでは早速作ってみましょう。

1本と5本どっちで作ろう?

あわちゃんのオススメは断然5本セットでの作成です。

なんでかというと…

ネイルって実際に爪にする時が
ゴールだと思うのですね。

という事は
5本すべてのデザインで考えて
まとめて作ってあげないといけないですよね。

1本作って可愛くできたから
5本にしたらバランスが…

というのはよくあります。
(あわちゃんも結構日常茶飯事的にあります💦)

そうならない為にも
チップを作る段階から
しっかり考えて作ってほしいです!

5本のネイルアートのバランスも
練習することで
上手くなりますよ!

たくさん作ろうね!

まずはネイルチップスタンドを改造します

サルルさんで取り扱いの
ネイルチップスタンドは
1本タイプですね。

まずは5本同時に作れるように
ちゃちゃっと改造しちゃいましょう。

向きがバラバラや…笑

用意するもの

  • クリア ネイルチップメイクスタンド×5個
  • 両面テープ

最終的にはこんな感じにします。

横から見るとこんな感じ♪

これ見てわかる方は
すっ飛ばしちゃってOKです笑

横1列にべたーって貼っちゃってもいいんだけど
幅が出てしまうので
ライトに入らなくなっちゃう…

そこで少し重ねてこのような
スタイルにしてみました!

土台を両面テープで貼り付けます

土台の端に両面テープを貼ります。

こんな感じ。

貼り付けます。

繰り返しましょう!

ここは隙間を開けて貼ってくださいね。

ギリギリに貼ると
チップが貼れなくなっちゃう…。

出来ました~

これで同時に5個チップが作れるし
コンパクトになったので
ライトにも入るね~

ネイルチップを貼る準備をします

次に出来上がったスタンドに
ネイルチップ粘土を貼ります。

ネイルチップ粘土はかなり優秀なので
是非一度使ってほしいと思います…!

ぺたぺたっとします。

つけすぎには注意してね。

つけすぎるとはみ出します。

ここがはみ出すと
塗るときにここまで塗ってしまったりして
綺麗に仕上がらないです。

…実際の手にはこの状態の方が近いから
練習にはなるかも…ですが。

チップのバリを取ります

これね…すごく重要!

バリは絶対取ってほしい…!!

あわちゃんからのお願いです。

バリはゼブラファイルの#180グリッドと
ピンクスポンジバッファーの併用がオススメですよ。

バリって何なの?

バリというのはこのお写真みたいな…
引っかかりですね。

チップの製造の工程で出来てしまう場合があるんですね。

このバリを残したまま塗ると
その部分にジェルが入り込んでしまって
綺麗にならないです…。

後からとってもいいやんって思うかもですが
ジェルの分厚さなども変わってしまって
修正不可能になるので
最初にとってね。

どうせとるなら、
手間かからないようにね。

チップを貼ります

チップを貼っていきましょう!

ネイルチップ粘土が手についた状態で
チップの表面を触ってしまうと
油分がついてしまいます。

その状態でジェルを塗ると
はじいてしまったりするので
クリーナーで除去しておいてくださいね。

アートをしましょう!

後はお好みのアート等などを楽しみましょう!

こんな感じで一気に塗ってもOKですし
いい感じに使ってください♪

チップにサンディングやベースジェルは必要?

用途により、異なってきます。

具体的には…

必要な場合

チップをお出かけ用チップなどで
実用的に使う場合はサンディングが必要です。

サンディングをすると表面はデコボコになるので
そのままカラージェルを塗ると
溝に入り込んで色味が変わってしまいます。

それを防ぐためにベースジェルを塗ってもらう方がいいです。

よって普段使いのチップの場合は

サンディング・ベースジェルが必要

という事になりますね♪

必要じゃない場合

サロンのディスプレイなどで
あまり触ることがない場合は
サンディングもベースジェルも不要です。

あわちゃんずさんにプレゼントしているチップも
サンディングなどはしてないよ♪

(なので取り扱いには注意してくださいね…!)

どのチップがいい?

アートが出来るチップも紹介しておきますね。

長さだし用のチップと
間違えて買っちゃうことが多いのですが
デザインネイルチップ用のチップは下記がオススメです。

>>商品の詳細を見る

ちょっと長めのこちら。

程よい長さで手がきれいに見えます。
サンプルチップにもオススメですね。

チップ自体にそこそこ分厚さがあるので
実用的な強度もバッチリ!

サンプルチップにする場合はあわちゃんは

大きめ➡1、5、3、4、8

小さめ➡2、6、4、5、9

組み合わせで作ることが多いです。

>>商品の詳細を見る

上記とかなり似ているんだけど
少し短めです。

ちょっとナチュラルな仕上がりの長さにしたい時など
オススメです。

こちらはかなり薄い作りなので
柔軟性はこちらの方がありますね!

5本セットを作るときの組み合わせは

大きめ➡1、5、3、6、7

小さめ➡2、6、4、6、7

で作ることが多いかな??

参考にして頂ければ嬉しいです。

最後に…

今日の内容、ネイルチップを作ろうは
いかがでしたでしょうか?

デザインとかではなく
作るところからお伝えしてみました♪

知ってる方からすると
当たり前やーな内容なんだけど

あわちゃんも最初はどうやって作るのか
まったくわかりませんでした。

今日初めてネイルするあわちゃんずさんも
いるかもしれないから
記事にしてみたよ。

悩んでいる方の助けになれば幸いです。

たくさんチップ作って眺めてみてね。

きっと楽しいし
後から見返すと上達もわかっていいですよ^^