ネイルの基本的な事

浮いてるジェルネイルは今すぐ落として!二度とネイルができなくなるかも…

あわちゃんずさんの皆様、こんにちは。
数あるネイルブログの中から当ブログをご覧くださり感謝いたします。

セルフネイル情報を惜しみなくお届けするあわちゃんねるです。

さてさて…

本日は以外とやってしまいがちな…

【浮いたジェルネイル】についてお話をしていきたいと思います。

ジェルネイル用語では浮き=リフトとも言いますね。

ジェルネイルがリフトしてしまった!
このような言葉を耳にしたことも多いかと思います。

皆様もジェルネイルをしていて
少し浮いてしまったけど
やり替える時間がなくてそのままにしてしまったことや

ネイルサロンに通っていたが
一部が浮いてしまって
なかなかサロンに直しにいけない…などなど…。

ありますよね。

その状態で放置は実はとても危険な状態なのです。
ジェルネイルは綺麗な反面、リスクも当然あります。

リスクを知っておくことで
セルフネイルのトラブルを回避することにも
繋がるのでしっかり覚えておいてくださいね。

・ジェルネイルが浮くとはどういう状態?
・放っておくとどうなるの?
・浮かないようにするためには?

について解説しますので
最後までご覧くださいね。

こんな方にオススメ!

ジェルネイルが浮いてしまった場合

動画で見る

今回のブログは動画付きです。

動画で詳しく学んでね♥

ジェルネイルが浮くって?

ジェルネイルって、
自分の自然な爪の上に、樹脂を乗せて作りますよね。

爪と、ジェルネイルやマニキュア部分というのは
異なる素材でできているので、
剥がれる場合があります。

マニュア(ポリッシュ)の場合も
”浮き”というものは発生するのですが、

マニュアの場合は出来上がった樹脂自体が非常に薄いので
そのまま剥がれることの方が多いです。

しかしジェルネイルというのは
樹脂…そうですね。プラスチックの塊を爪に乗せているので
一部が浮いてしまっても完全に剥がれることはなく
爪の上に残った状態のままとなります。

ジェルの一部が爪から離れてしまった状態が浮きになるのです。

浮いてるジェルネイルは今すぐ落として!二度とネイルができなくなるかも…

↑甘皮付近の部分が白くなっているのはわかりますか?

浮いてるジェルネイルは今すぐ落として!二度とネイルができなくなるかも…

この部分は爪とジェルネイルが離れてしまっている状態、
浮きなのです…!

ネイル用語的に、浮きと表現しましたが、
一部のジェルネイルが剥がれること=浮き
だと思ってもらえれば大丈夫です。

なぜジェルネイルが浮くの?

ジェルネイルが浮く原因はいくつか考えられます。

・甘皮処理ができていない
・ジェルが肌についてしまっている
・サンディング不足
・油分水分がの除去不足
・ベースジェルと爪との相性

などなど…。

色々ありますが、ここではベーシックな原因を紹介するね。

一番の原因は甘皮処理不足

今回のような浮きに関しては
”甘皮処理ができていない”というのが考えられます。

甘皮処理はネイルにおいて
とても大事な工程です。

ジェルネイルの浮きを防止するためにも
徹底して行うようにしましょう。

ジェルが肌についてしまっている

ジェルを塗布する際に、
指にジェルが付着してしまうと
剥がれる原因になります。

このような場合は拭き取ってから硬化するなど
肌にはつかないようにしましょう!

サンディング不足

ジェルネイルによっては
事前に爪に軽く傷を入れておかないと
定着しないものがあります。

この工程を怠ってしまうと
ジェルネイルが浮く原因になります。

自分が使用しているジェルが
サンディング必要なのかどうなのかをしっかり調べて
正しく使用しましょうね。

油分や水分が除去できていない

ジェルネイルにモチにに関して
油分水分の除去も非常に重要な要素となっています。

特に代謝がよい方は
爪の水分量や油分も多い場合があります。

しっかりと油分水分を除去してから
ジェルネイルをすることで
浮きを防ぐことができます。

油分や水分はジェルクリーナーで除去することができます。

ベースジェルと爪との相性

現在、様々なメーカーさんから
ジェルネイルは販売されていますね。

あ、あわちゃんがプロデュースしている
ハピジェルシリーズもよろしく。笑

少々脱線してしまいましたが
ジェルネイルはすべての人にすべて持つ、とは限らない場合があります。

特に最近よく見かける安価な
ジェルなどはあまり定着しなかったり…という事もあります。。。

逆にネイルサロンで使っているような
ジェルネイルでも合わなくてモチが悪く
浮いてしまうような場合も考えられます。

正しいジェルネイルをしていても
剥がれてしまうような場合は、
ベースジェルを変えてもらうのも一つの手かな?と思いますよ。

ジェルネイルつけっぱなし=グリーンネイルリスクではない

よく勘違いされているのは
ジェルネイルのつけっぱなし=グリーンネイルになってしまう。という認識です。

そうではなくて
グリーンネイルやトラブルの原因は

ジェルと爪が離れて隙間がある状態が続くことによって
発生するのです。

なので浮いていない場合は
長期間つけていても、グリーンネイルや髪の毛が引っかかるという事はないです。

ただ、長くつけている場合
それはそれで折れてしまったりと…
トラブルにつながる場合もあるので、
3週間~一か月ほどでジェルネイルをやり替えるようにしましょうね。

浮いてるジェルネイルを放置するとどうなるの?

では、ジェルネイルが浮いたまま放置をしてしまうとどうなるのでしょうか?

浮いている状態というのは
爪とジェルネイルの間に隙間ができている状態です。

浮いてるジェルネイルは今すぐ落として!二度とネイルができなくなるかも…

こ、こんなにも隙間ができているなんて…!

今回は見本なので、
だいぶオーバー気味に浮いている写真を用意していますが
ネイルが浮いている状態です。

こんなにも隙間があるのですから
水分が入り込んだり、洗髪中にひかっかりますよね。

これがジェルネイルが浮いてしまった際のリスクなのです。

百歩譲って髪の毛がひかっかるくらいは
取り除けばいいとしましょう。
それでも気持ちのいいことではないけれど…。

問題なのは、
先ほども少しお伝えした水分が入ってしまう事なのです。

爪とジェルの隙間に水分が入るのですが
当然乾燥させることはできないので、
じめじめとした状態が続きますよね。

そうすると爪に生息している
菌などが爪とジェルの間で大量発生してしまうのです。

正常な数値であれば問題がない爪の菌たちも
大量発生すると話が変わってきます。

浮いてるジェルネイルは今すぐ落として!二度とネイルができなくなるかも…
▲かびのイメージ。 画byあわちゃん

爪とジェルの中で菌が大量発生してしまう事を
一般にグリーンネイルとよんでいます。

このように、爪が浮いたまま放置すると
グリーンネイルになっちゃうのです…。

グリーンネイルになったらどうするの?

浮いてるジェルネイルは今すぐ落として!二度とネイルができなくなるかも…

グリーンネイルになってしまった場合、
軽度ならばそのままネイルをせず
放っておいてもらえれば爪と一緒に伸びて行って
なくなりますので安心してくださいね。

大事なのは

絶対にジェルネイルはしないこと!

これは絶対です…!

まれに軽度の場合はネイルしてOK!という記載を
見かけたりするんだけど
あわちゃんは軽度の場合でもしない方がいいかなと思います。

この状態でジェルネイルをしてしまうと
中でグリーンネイルが大きくなってしまう場合があるんです。

グリーネイルになってしまったらネイルをしない。

これはとても大事なことなので、
覚えておいてくださいね。

浮いたジェルネイルをオフしよう!

ジェルネイルが浮いてしまったら
早急にオフしましょう!

ジェルネイルオフのやり方

ここでは実際に浮いたネイルの除去を紹介します。

長い場合はカットしておく

ジェルネイルが長い場合は、
あらかじめカットしておくと後の固定が非常に楽です。

浮いてるジェルネイルは今すぐ落として!二度とネイルができなくなるかも…

チップカッターという専用の道具を使用します。

ジェルネイルをなるべく自爪ギリギリまで削る

浮いてるジェルネイルは今すぐ落として!二度とネイルができなくなるかも…

#80グリッドなどの目が粗いもので
削りましょう。

コットンにアセトンを含ませる

コットンにアセトンを含ませます。

コットンはふわふわの方がオススメです♥

浮いてるジェルネイルは今すぐ落として!二度とネイルができなくなるかも…

アルミホイルで包む

浮いてるジェルネイルは今すぐ落として!二度とネイルができなくなるかも…

浮いてるジェルネイルは今すぐ落として!二度とネイルができなくなるかも…

このようにアルミホイルで包みます。

アセトンが蒸発しないようにすればいいので、
袋などで包んでもOKです。

アルミホイルの用意が面倒な場合は
オフ用クリップというアイテムを使うのも◎

地味に便利なのだ。

20分ほど放置する

なるべく暖かくして
20分ほど待ちます。

冬場は30分ほど待ってもらってもいいかも??

ふやけたジェルを取り除く

浮いてるジェルネイルは今すぐ落として!二度とネイルができなくなるかも…

メタルプッシャーなどで
ふやけたジェルを優しく取り除きましょう。

まだジェルが硬い場合は
軽く削ってから再度アセトンでふやかしてくださいね。

残ったジェルを取り除く

若干ジェルが残る場合があるんので
ファイルで削りましょう。

スポンジファイルがオススメです。

浮いてるジェルネイルは今すぐ落として!二度とネイルができなくなるかも…

保湿する

最後は保湿して完成~!

このような工程になります。

ジェルネイルの浮きあるなしにかかわらず
除去方法は通常通りでOKです。

ハードジェルで除去できない場合

ハートジェルは
アセトンで溶かすことができない
硬度のあるジェルです。

ネイルサロンでしてもらったジェルが
ハードジェルであることも十分に考えられるので
どんなジェルを使用しているか施術時に確認するようにしましょうね。

もしハードジェルだった場合は
削り落とすしかないので、慎重に削り落としましょう。

まとめ

ジェルネイルが浮いてしまった場合は、すぐに落としておくことが大事です。

放置すれば
何かが引っかかって、爪が剥がれてしまう事もあり得ますし
グリーンネイルなどのトラブルにつながる恐れも非常に多いです。

放置しておくと
最悪二度とジェルネイルができなくなってしまう可能性も
十分にあり得ますので、
ジェルネイルの約束を守って楽しんでくださいね。

最後に…

本日の動画、ブログどちらも見て下さりありがとうございます。

今回はちょっぴち退屈なテーマだったかもしれませんが
と~~~っても大事なことです。

ジェルネイルは本来、
爪を美しく保ち、アートを楽しんで
綺麗になるためにするものです。

それがリスクを知らなくて行ってしまって
より汚くなってしまっては本末転倒です。

そんなトラブルを防ぐために
あわちゃんねるでセルフネイルの知識をたくさん身に着けてくださいね。

ではではまた次回のブログでお会いしましょう~!

あわちゃんでした。

今すぐ相談しよう♪

LINEで無料相談